会社の歩み
  • 1989年—「亨氏食品有限会社」を設立し,ネスレ、仰南の代理店として発足。設立して十年以上に渡り、堅持以真剣さ、創造力、丹念さへの拘りをもって顧客に最高な品質を提供し、販売チャネルが東南アジア、ニュージーランド、オーストラリア、中国、アメリカ、カナダ、日本の各国に広げ、お客様から品質を深く信頼されています。
  • 2000年—「中華民国(台湾)消費者協会ゴールデン賞」を受賞する。
  • 2004年—2月 子会社「魔豆実業国際有限会社」を設立し、各種輸入食品の卸販売に集中する。
  • 2004年—「中華民国(台湾)消費者協会ダイヤモンド賞」を受賞する。
  • 2005年—「ISO9001:2000品質マネジメントシステムの国際規格」承認を取得し,亨氏が代理店から店舗加盟展開支援に向けて、自社の専門と広げて顧客により多くの価値を提供し、顧客とのWin-win局面を作り出しています。
  • 2008年—12月 「亨氏食品有限会社」が「Subar国際食品有限会社」へ社名変更されます。
  • 2009年—7月 「Subar国際食品有限会社工場設立登記」を取得。
  • 2009年—8月 経営を拡大し、現住所の高雄市三民区遼寧二街269号の600坪以上を占める場所に工場を移転する。
  • 2011年—1月 オフィシャルウェブサイト(www.subar.com.tw)を中国語、英語、日本語での立ち上げ。
  • 2012年—1月 「自由販売認証 (CFS) 」を通して、海外市場に輸出することを正式に解禁した。
  • 2012年—4月 「新光産物の損害保険一千万NTD」を掛けた。
  • 2012年—7月 濃縮ジュースの包装分けとシロップ生產の「ISO22000:2005食品安全マネジメントシステム」、「HACCP危害要因分析必須管理点」の承認を受けた。
  • 2012年—7月 成為台灣區製茶工會優良會員。
  • 2013年—8月 パウダー類の包装分けと生產の「ISO22000:2005食品安全マネジメントシステム」、「HACCP危害要因分析必須管理点」の承認を受けた。
  • 2015年—7月 茶葉の包装分けと生產の「ISO22000:2005食品安全マネジメントシステム」、「HACCP危害要因分析必須管理点」の承認を受けた。
  • 2015年—9月 シロップ、パウダー類の包装分けと生產のイスラムの「ハラール認証」食(用)品の承認を受けた。
SUbar国際食品は創業以来、「創造性のある商品」、「永続なサービス」、「美味しさへの追求」、「品質への拘り」をモットーに、消費者の角度から製品のよしあしを判断し、会社を経営してまいりました。我々は、『誠意、良知』の原則を持って、消費者から会社そして製品を完全に信頼されます。最高な品質を追求し、よりよい生産技術と製品を開発して、衛生、安全、健康、美味しい製品の開発が我々の責任で、食品の衛生と安全を消費者に教え込むのは我々の義務、そして優れたブランドを構築は我々の目標です。

経営コンセプト
会社のビジョン
Subar国際食品有限会社は創業初期から、総経理の王世棠が先頭に立って十数年に渡って根を下ろしながら多角化の経営から、高品質、ヘルシー、独特な味、多種多様な製品、飲み物のプロ王国となっております。今のSubarは、台湾南部にある最も規模のある、品質の良い、そして一番評価された飲み物製造会社になっております。

そのほか、我々Subarは消費者の健康を自社の責任として、高品質、ヘルシー、美味しい食品を継続して開発してまいたいと考え、華人の市場にとどまらず、数多い食品と工場の国際認証を取得し、飲み物産業を通して国際的な専門食品会社を目標としてまいりたい所存です。